FC2ブログ

第9回 山形慢性腎臓病(CKD)病診連携講演会

平成30年9月21日 ホテルキャッスルにて第9回山形慢性腎臓病(CKD)病診連携講演会が開催されました。
1.「山形県薬剤師会が行うCKDシール活動」  山形県薬剤師会 武田 直子 先生
2.「慢性腎臓病と薬剤性腎障害」 山形市立病院済生館 腎臓内科 星川 仁人 先生
特別講演
「腎専門医が喜ぶ紹介」 秋田大学大学院医学系研究科 血液・腎臓・膠原病内科学講座  奥山 慎 先生
のご講演を拝聴しました。
腎臓病は自覚に乏しくなかなか理解しにくい疾患でありながら、様々な問題を含み多くのスタッフの力が必要です。
小児の立場からできるだけ毎年出席させていただいています。
スポンサーサイト

山形県臨床内科医会学術講演会

平成30年9月7日 ホテルメトロポリタン山形で山形県臨床内科医会学術講演会が行われました。
特別講演
「多発性のう胞腎の診断と治療の進歩」
医療法人社団清永会矢吹病院 副院長 伊東 稔 先生
主に成人で問題となる常染色体優性多発性のう胞腎の診断、治療についてのお話。
小児にまれに希に見られる常染色体劣性多発性のう胞腎と頭の中で対比しながら拝聴。
ひとつでも多くの手立てが増えるのは喜ばしいことです。

院内勉強会 まれな感染症~麻疹について~

7月27日(金) 昼休みを利用してジャパンワクチン株式会社の山本さんから
”まれな感染症~麻疹について~”をレクチャーしてもらいました。
麻疹はなかなかお目にかかかることは多くないのですが、近年、海外旅行や、外国人旅行者などで感染する機会が考えられます。また、東京オリンピックをひかえ、広がると社会問題にもなる可能性があることからスタッフと伴に勉強会をしました。
麻疹対策は、予防接種です。みなさん、それぞれご確認ください。なお、子どもは1歳の時に1期、年長さんの時に2期をします。特に2期を年長さんの3月31日までに接種しないと任意接種になるのでご注意ください。

第53回 日本小児腎臓病学会学術集会

平成30年6月29日から30日まで、福島市において第53回日本小児腎臓病学会学術集会が開催されました。
今回は、前日の会議と、2日目の参加となりました。
1年に1回、自分が専門とずる領域の学会に出席して情報を仕入れたり、知識を確認したり、各地の先生方とコミュニケーションをとるのは日々の診療にかかせません。

平成29年度学校保健講習会

平成30年3月11日(日) 日本医師会館(東京)において平成29年度学校保健講習会が行われました。
毎年同時期に同じ場所で開催されます。
今年は、「医療的ケア」、「がん教育」、「学校医に求められること」がテーマでした。
医療ケア、がん教育は新たに導入される話題であり、学校医は我々小児科開業医が担っている役割の一つで、学校長や養護教諭、PTAの立場からのお話でした。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR