FC2ブログ

山形市の特別支援教育についての講演会

2月14日 ”山形市の特別支援教育について”山形市教育委員会学校教育課 吉田勝彦氏の講演会に出席しました.
山形市の小学校,中学校の特別支援の現状についてお話をいただきました.小児科医は幼稚園,保育園,小学校,中学校との関わりは切っても切れない関係ですし,発達に関しては,家族にとっても極めて大事なことです.地域でどうこどもたちを見守るのか熱いディスカッションがありました.行政も,学校も,医療機関も子どもたちをどう守っていくか,どう家族に接するかを考えていかなければなりません.山形市の現状,それぞれの立場,考え方,うまくいっているところ,課題など勉強になりました.
スポンサーサイト

ドクターアドヴァイスできょうも元気

2月10日(月)から2月14日(金)
YBCラジオ(918kHz) ドクターアドヴァイスできょうも元気
朝6:30から6:45,夕16:15から16:30

”謙虚で美しい腎臓”をお送りしています.
2/10月:腎臓のはたらきと腎の発達
2/11火:3歳児検尿と学校検尿
2/12水:こどもの腎臓病
2/13木:腎臓病こどもから大人へ
2/14金:おねしょ
のお話です.

2月上旬の出来事

2月6日.第2回AOYAGIメディカルカンファレンス.県立中央病院での症例検討会です.”複数の診療科を経て診断に至った破傷風の2例”についての検討でした.いつも,県立中央病院の先生方にはお世話になっているので,前回に続き参加です.破傷風菌は土壌にいる珍しくないバイ菌です.子どもでは4種混合(3種混合)ワクチンで予防できますが,大人は抗体が少なくなっているので注意が必要です.特に45歳以上は要注意です.ケガの後に”開口傷害(口が開きにくい)”を生じた時は注意です.
2月8日.仙台メトロポリタンホテルにて,小児慢性腎不全と成長障害の講演会.症例発表2題の後に,東邦大学医療センター大森病院小児腎蔵病学講座,濱崎祐子先生から”小児CKD患者は十分な成長を獲得できるか?!”のお話.(詳細はじんぞうのキッズで)
2月10日.十人会.市立病院済生館の現職の先生,職員の方々とOBの交流会です.私は済生館のOBで,かつ済生館は,日頃多くの患者さんをお願いしています.”顔の見える関係”は大事です.当院は済生館とカルテの連携もできるので安心して紹介ができます.

2月のスタートは,県立中央病院,市立病院済生館との交流を深め,専門の腎臓病の講演を聴き上々のスタートです.

東北小児感染症懇話会

1月25日(土)17:00から,仙台,勝山館で開催された東北小児感染症懇話会2014に出席しました.
2つの特別講演
1.「小児結核の診断と治療,問題点」東京都立小児総合医療センター呼吸器科 宮川知士 先生
2.「インフルエンザ感染症の重症化機序に関する最新知見」徳島大学疾患酵素学研究センター 木戸 博 先生
のお話でした.
小児結核は経験がないのですが,最近の現状,検査,治療・管理につきご講演をいただきました.
また,インフルエンザのお話では増悪機序,重症化予防について非常に興味深いお話をいただき,日々の診療にすぐに参考になるお話でした.
いつもながら様々なお話を拝聴するのは刺激的です.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR