FC2ブログ

ノーベル物理学賞 青色発光ダイオード

青 万歳!
2014年のノーベル物理学賞が,色発光ダイオード発明,実用化をもたらした,日本人3人に決りました.
同じ日本人として誇らしいことです.
>色発光ダイオードの発明で,色の3原色がそろい,白を含む多くの色彩を表現でき,LEDは液晶を含む色の表現をはじめ,二酸化炭素の削減,省エネなど全世界に貢献できるそうです.
今,青が見直されています.はhealing(癒やす)色です.物騒な世の中,少しでも心癒やされ平和になってもらいたいものです.
当院では,癒やす色,青空の色を表すことから,こどもたちの健康を祈ってイメージカラーを青にしています.
”青”が話題になるのはうれしいことです.
”青”万歳!です.
チームカラーがのモンテディオ山形の躍進も期待しています.
スポンサーサイト

9月のお勉強

スライド2
9月になり少しずつ秋めいて来ました.
秋は

勉強の秋
スポーツの秋読書の秋食欲の秋...
みなさんはどんな秋をお過ごしですか?

さて,9月もいろんな勉強会がありました.
そんな中,9月14日に,東京に行った際に,ボートから東京の町を眺めるエコツアーに参加.
東京という町が,いかに川ともに発展してきたのか,
町の成り立ちや川の歴史,橋の特徴など,なかなかためになるツアーでした.
また,思いの外,東京の川の水がきれいでびっくり.

9月6日
第11回 東北腎生検病理カンファレンス 仙台
ほとんどの腎臓病理の教科書は,主に成人の写真が多く,同じ疾患でも小児とは異なることもしばしばあります.また,小児は,成長過程であるが故に,小児ならではの特徴があります.しかし,小児の腎臓の病理組織を閲覧し,臨床家,腎臓病理の専門家のお話を聞く機会は多くありません.地方においては特に貴重な機会です.毎年行われている会ですが,いつもはどうしても大人の腎臓病についての発表が多いのですが,今回は,東北で活躍している仲間の小児腎蔵病医の発表があったため,お話を聞きに行きました.土曜日の午前の診療を終えての大急ぎの参加で,残念ながら午前の教育セミナーは参加できませんでした.それでも,久々に大好きな腎臓病理に触れ,頭が満足する午後の一時でした.
詳細は腎臓のキッズコラム内

9月6日 
第97回日本小児科学会山形地方会 山形

B型肝炎ウイルス-household contactは感染リスク
東邦大学医療センター 佐倉病院 小松陽樹 先生
本当は16:00から開始の本会でしたが,前述のように,昼過ぎから仙台の研究にでたので
急いで山形にもどり,最後の特別講演になんとか間に合いました.
小松先生は,以前,山形大学医学部小児科にいらしていたことがあり,一緒に過ごしたことがありました.
以前は,B型肝炎キャリアの母から生まれた赤ちゃんのみに行っていた感染対策が,近年,全ての赤ちゃんに投与するようになり,B型肝炎の予防接種は最近のトピックスのひとつです.また,予防接種をしてもなかなか抗体価が上がらず苦慮する場合もあります.先生のご講演を懐かしい思いでお聞きしました.

9月12日 
平成26年度 予防接種医師打ち合わせ 山形

25年度の定期接種の状況と,この10月から定期化された水痘ワクチン,高齢者肺炎球菌ワクチンの説明でした.B型肝炎ワクチンやおたふくかぜワクチン,そしてロタワクチンなどの早期の定期化も望まれます.

9月16日
山形市医師会臨床集談会 山形

子どもの行動異常~最近の経口と問題点~
山形大学医学部看護学科臨床看護学講座  横山浩之 先生
最近,小児の発達障害が学校,医療現場で問題となっています.どうやって気づき,どのようなサポートが必要で,家庭,学校,医療現場で何をすべきか,家族内での母の役割,父の役割などの子育て,行政のとりくみの具体例お話がありました.
”当たり前のことを当たり前にできることの大切さ”を拝聴しました.

9月17日 
第475回 山形地方小児科集談会

小児がんをめぐる最近の話題
山形大学医学部小児科 三井哲夫 先生
小児の死因として,事故とともに上位を占める小児がんについて,山形大学における治療と治療成績についてのお話でした.小児のがんの多くは白血病をはじめとする血液のがんで,近年,治療成績が改善したとはいえまだまだ課題の多い疾患です.山形大学は開設当時から特に白血病治療に力をいれています.

9月19日 
第19回山形小児神経研究会

Rett症候群 瀬川小児神経クリニック 野村芳子 先生
乳児期早期より運動の遅れが認められ、睡眠、筋緊張の異常、姿勢運動の異常、ジストニア、側彎、情動異常、知的障害、てんかんなどの症状が年齢依存性に出現することを特徴とす疾患です.自閉やてんかんの症状との類似性があり小児期から思春期にかけて、突然死の発生も知られています.そんな残念ながら治療法は確立されていませんが,過去から現在にいたるRett症候群についての最新情報についてのお話でした.


どうしても見たくてアートアクアリウム

スライド1
どうしてもみたくてアートアクアリウムを見に行きました.

アートアクアリウムって何?”
アクアリウムとは水生生物の飼育設備のことで,家庭の観賞用金魚鉢から水族館の展示までを含みます.
したがって,”アートアクアリウム”はその芸術作品展とえます.
”五感を楽しむ江戸の涼”ECO EDO日本橋2014が開催され,その中のイベントとして人気のイベントです.
きれいにアレンジ,ライトアップされた金魚鉢に江戸前の金魚をいれて1つの作品になります.夜にはDJやライブを聴きながら,カクテル片手に鑑賞できるのです.
不思議な世界を体験しました.金魚は1日中ライトや音楽を浴びて大変そうでしたが,見に来るひとたちは大喜びで写真をとっていました.
水の流れ,金魚の色と泳ぎは癒しのみならず,アートになるんだと新発見です.
残暑のなか,”江戸の涼”を楽しみました.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR