ムーミンの映画見てきました

ムーミン映画チラシ
僕の仲間,ムーミンの映画が公開されました.
さっそく見てきました.
ちょっとだけ僕と似てるでしょ.
みなさんもどうぞ.

カバくんより
スポンサーサイト

カバ君 ながい雪灯り回廊まつりに行く その2

スライド2
カバ君 ながい雪灯り回廊まつりに行く その1のつづき
長井のまちはこんなかんじ.
長井ってけっこう良いところなんだよね.

カバ君 ながい雪灯り回廊まつりに行く その1

スライド1
2月7日(土)カバ君はながい雪灯り回廊まつりに行きました.
長井市は,院長の第2のふるさと.(お医者になって2年間研修したところ)だそうです.
二十数年ぶりの長井の町だそうです.
院長が初めて長井の町に来て,一番最初に見たのが,長井小学校第一校舎.
桜の花が咲く頃で,木造の建物のきれいさに感動したんだそうです.
2009年に有形文化財に指定されています.
その学校の周辺に雪灯籠を作り,学校をライトアップする催しが
一晩限り行われました.
なんとも良い感じの町並み.響くオカリーナの音もマッチしてました.

1月のお勉強

1月17日 
東北小児感染症懇話会 (仙台)
1.小児感染症におけるウイルスの疫学について
~インフルエンザウイルスとRSウイルスを中心に~
新潟大学大学院医歯学総合研究科 国際保健分野  齋藤玲子 先生
2.古くて新しい小児感染症の話題
~抗菌薬の適正使用にむけて~
国立成育医療研究センター 生体防御系内科部 感染症科  宮入 烈 先生

→インフルエンザ感染の疫学や治療耐性の問題やこれからのワクチンについて,溶連菌感染症の疫学や治療,合併症についてのご講演でした.


1月18日 
サイエンス漢方処方セミナーin 仙台 (仙台)
*サイエンス漢方処方論
*かぜ・インフルエンザと漢方治療
医療法人静仁会 静仁会静内病院  井齋 偉矢 先生

かぜなど日常疾患の考え方の解説と漢方薬の使い方のレクチャーでした.特に,前半の病気の考え方は目からウロコのお話で大変興味深いお話でした.小児科領域での漢方薬の可能性を感じました.

1月20日 
臨床集談会 (山形)
小児の救急医療について
山形県立中央病院 小児科  藤山 純一 先生
県立中央病院救急外来における小児医療の実態と,各疾患への対応のお話.内科の先生対象でしたが,いつもお世話になっている病院の実情をお聞きし,今後も安心して紹介できることが確認できました.

1月21日 
小児科集談会 (山形)
山形市,天童市,寒河江市,東根市,上山市の小児科医が集まり,山形大学医学部小児科教授,三井哲夫先生を囲み顔合わせ会をしました.大学,基幹病院,開業医間で連携をとることが山形の小児医療に大事なことです.

1月29日
診ます会分科会 慢性腎臓病・病診連携(市立病院済生館)
市立病院済生館で,紹介患者さんの入院後の検査結果や治療経過の報告,勉強会および,済生館腎臓内科の取り組み説明会がありました.以前は,主にこどもの腎臓病について,腎生検や入院治療を行っていましたが開業以来,腎生検を診てディスカッションする機会が減っていましたが,この勉強会で久しぶりにディスカッションができて勉強になりました.特に,大人の腎臓病の経過は小児とは違う部分があります.腎臓病は長く診る必要があるので,このような会は有意義です.出川紀行先生をはじめとする済生館腎臓内科の先生方に感謝です.

カバくんから手紙がきました.

カバくんから手紙がきました
旅に出ていたカバくんから絵はがきがとどきました.
カバくん,お隣の宮城県東松島で”おのくん”に出会ったようです.
”おのくん”は,東松島の仮設住宅で
なんと,くつ下1足から生まれるんです.
何人もの”おのくん”が日本全国で活躍しているんだそうです.
クリニックにも”おのくん”が来てくれるとのことです.

11,12月のお勉強

11月のお勉強は下記の通り.
いろいろ勉強になります.
12月はインフルエンザに追われ,ご報告ありません.

11月1日
山形県医師会市民公開講座 (山形)
「健康スポーツと不健康スポーツ」
”スポーツの功罪”みゆき整形外科クリニック 齋藤 聰 先生
様々なスポーツ,年齢相当のスポーツの意義をわかりやすく面白く教えていただきました.自分が体のことを考えてボチボチ楽しみながら自転車とエアロバイクを漕いでいます.”これでいいんだ”と自信がつきました.また,子どもたちのスポーツに少しでも助言ができればと思います.

11月13日
山形慢性腎臓病(CKD)病診連携講演会(山形)
「より良い病診連携を目指したCKD三重県民公開講座の取り組み」
鈴鹿回生病院腎像センター の村信介 先生
三重県で行われているCKD病診連携についての歩みをご講演いただきました.減量,減塩,禁煙指導し,”打って出る医者”となり,医者のみならず薬剤師,栄養士,行政にたずさわる全てのスタッフとの連携をとる重要性をお話いただきました.

11月14日
病児・病後児保育事業事例発表会(山形)
診療時間内の発表会だったので,スタッフが出席.や米沢市の病児保育室「すまいる」,山形市のはやぶさ保育園「スターキッズ」の利用方法,現状,問題点などの発表がありました.まだまだ人員不足をはじめ様々な課題があり,現状では十分ではないものの,多くの人の努力のもとに病児保育が行われていることがわかりました.

11月20日
第477回 山形地方小児科会集談会 (山形)
市立病院済生館の報告会
1.尿崩症 大通 尚 先生
中枢性尿崩症発症時に画像上,異常所見が認められないOccult neurohypophyseal germinomaは,経時的,繰り返しの画像検査が必要かつ重要.
2.非チフス性サルモネラ症 前田勝子 先生
サルモネラ菌血症の兄弟例の臨床経過の発表.
3.腸管出血性大腸菌感染症 小貫孝則 先生
溶血性尿毒症症候群を呈した腸管出血性大腸菌感染症の1例報告と過去の集団感染を含めたまとめ
4.ツツガムシ病 清水行敏 先生
県内のツツガムシ病の臨床経過と疫学的考察
についての報告会.どれも症例数は少ないが大切な疾患.見逃しがないように症例を共有することは大事な事です.

11月23日
森のようちえん (仙台)
詳細はこどものキッズ内

11月27日
アステラスワクチンフォーラム (山形)
1.ワクチン最新情報と今後の展望 川崎市健康安全研究所 岡部信彦 先生
新たに定期接種となった水痘ワクチンを中心に最新情報,今後の展望についてのお話.
2.小児B型肝炎とワクチンの正しい知識 済生会横浜市東部病院顧問 藤澤知雄 先生
B型肝炎は世界的にまだまだ感染者が多い疾患です.母子感染(垂直感染)のみならず,水平感染をコントロールする上で生後早期の予防接種が大事です.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR