FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北小児腎蔵aHUS講演会

11月19日(土),16:00から,ホテルメルパルク仙台において東北小児腎蔵aHUS講演会が行われました.
1.「小児期発症C3腎症の病因・病態と予後不良因子解析」 
   福島県立医科大学小児科学講座  川崎 幸彦 先生
2.「生後3か月に発症し,エクリズマブで寛解導入および維持ができているaHUSの一例」 
   新潟大学医歯学総合病院小児科  長谷川 博也 先生
3.「aHUS: eculizumabを投与した5例から学ぶ」 
   東京都立小児総合医療センター腎臓内科  幡谷 浩史 先生
の講演を拝聴しました.なかなか珍しい疾患で,近年,新しい概念,治療方法が確立されつつあるaHUS(非典型溶血性尿毒症症候群)についてのお話でした.私は大学,済生館を通じて症例の経験はなく,今後,直接関与することはないかと思われますが, 何事も勉強デス.また,東北各地の知り合いの先生と情報を交換するのも大事な事です.
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。