FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月締めの集まり

2016小児科同窓会
写真は年に1回行われる山形大学小児科学教室同窓会・懇親会の写真.今年は11月26日(土)に開催されました.市内でお世話になっている先生方,同僚,後輩との懇親,情報交換会です.

11月25日(金)救急医療研修会
県立中央病院,森野一真先生から「災害医療コーディネートを考える」をご講演いただきました.過去の災害医療現場での問題点についてを振り返り,万一,山形市で災害が起ったときにどうするかについて考えるきっかけとなりました.医療機関は,被災者でありながら医療を提供する必要があり,特に地元での協力体制が必要となります.
ご講演の後は,みんなでストレッチ体操をした後,市内の他科の先生方との懇親会(忘年会)で情報交換を行いました.

11月27日(日) 第104回日本小児科学会山形地方会
山形県内の小児科医による研究会です.年3回行われます.
午前中,日曜予防接種のあとの,ちょっと遅刻の参加でした.感染症やアレルギー,その他の疾患,症例についての勉強です.

11月29日(火)医療安全管理研修会
”2016-17インフルエンザワクチンと手指衛生” 山形県保険医協会 中島 幸裕 先生
”患者と医療者のコミュニケーション ともにより良い医療を築くために” 認定NPO法人ささえあい医療腎研センターCOML 
山口 育子 氏 
のお話.今シーズンのインフルエンザワクチンの特徴,および手指の消毒の方法の確認と,患者と医療者間の関係をよくするための工夫について提案がありました.この会は,年2回,スタッフと一緒に聴くことになっています.特に,患者さんの思いを言語化することが大事なようです.

10月のお勉強まとめ

10月5日(水) 山形市小児科医会総会
山形市の小児科医の会.ジャパンワクチンから「力をあわせて未来を守る」~ジャパンワクチンの取り組み~を拝聴.また本会で,今度から理事の一人になることになりました.

10月7日(金) 第46回日本腎臓病学会東部会(東京)
TMA:血栓性微小血管障害症のポスターセッションの座長を務めてきました.比較的稀な疾患です.主に成人領域の病気です.会長は恩師の服部先生.ご苦労様でした.

10月18日(火) 母子保健事業に関する打ち合わせ会
母子保健に関わる医師,行政担当者の年1回の会合.平成27年度の事業報告,今年度の事業,来年度の事業予定など.3歳児検尿の現状について質問しました.

10月19日(水) 尚医会(天童)
天童市東村山郡医師会の講演会.東邦大学医療センター佐倉病医院小児科学講座准教授の小松陽樹先生が「B型肝炎ワクチン」の講演をされ拝聴しました.先生は以前,山形大学医学部小児科学教室に勉強にいらしていて,ご一緒させていただいたことがあります.この秋から定期化されたB型肝炎ワクチンにていてのお話でした.


2016 アーモンドの花満開

アーモンドの花
アーモンドの花が桜よりも一足早く満開となりました.
今年は1か月ほど早い感じです.
昨年は3粒のアーモンドが実りましたが,今年は何粒とれるやら...
楽しみが一つ増えました.

第26回東北小児腎蔵病研究会 in 秋田

移行医療
3月12日(土),午前の診療を終え,第26回東北小児腎蔵病研究会出席のため,秋田に向かいました.
車での移動にて,特別講演には間に合いました.
東京都都立小児総合医療センター腎臓内科の幡谷浩史先生の
「腎疾患患児の移行:小児病院における実情」
をお聞きしました.
この話題は,昨年,中山書店から出版された「移行期医療-子どもから成人への架け橋を支える」
で私も書いてみた話題です.
会が終わると,秋田名物のなまはげが席までやってくるお店で,東北・新潟から集まった先生方と楽しい宴でした.
(発表の内容は,腎臓のキッズ内コラム)

臨床集談会 2016.1

新年はじめての臨床集談会.
山形大学医学部小児科教授,三井哲夫先生から
”小児救急のおさらい”を拝聴しました.
夜間や休日の,こどもの救急疾患は
診る側も,診られる側も様々なリスクを伴います.
こどもたちの安全,健康のため,おさらいは大事です.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。